渋い大人のパプアニューギニア

暑い残暑をいかがお過ごしでしょうか。

お盆を過ぎて、湿気も暑さも厳しい日が続きますね。

 

さて、今月のコーヒーを遅ればせながらご案内します。
パプアニューギニア豆

8月の世界の限定コーヒーは、パプアニューギニアです。

———珈琲豆いろは———

パプアニューギニアはニューギニア島の東半分と周辺のビスマーク諸島、ブーゲンビル島などから成る共和国で、日本の1.2倍の国土があります。また、本島の中央には4000メートル級の山脈が東西に連なりダイナミックな地形が特徴です。

気候は熱帯モンスーン気候で雨季11月から4月と乾期5月から10月に大別されます。平均気温は沿岸部で昼35度から夜24度、高地部では昼28度から夜14度です。

パプアニューギニアにコーヒーが導入されたのは1930年代。ジャマイカ・ケニア・タンザニア・などの原産地からもたらされ、本格的な栽培は1950年代にブルーマウンテンの種子が持ち込まれた頃から始まりました。

 

 

さて、その味は、

パプアニューギニア豆

若干の渋み・ビターさがありながらも、コクが深みを作り出します。

酸味もありますが、主張しすぎず心地よいです。

ショコラなどチョコレートの甘味をお供にされると楽しみやすいです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

苦味を楽しむ大人へ。パプアニューギニア キンデン|今月コーヒー11月

こんにちは。秋も終わりにさしかかり、冬の寒さも感じられる季節になってきました。早いものでもう11月です。

西原珈琲店の世界のコーヒー11月の限定コーヒーは、

パプアニューギニア キンデンです。

パプアニューギニア

 

パプアニューギニアの中でも肥沃な農業地帯であるワギバレーと呼ばれる周囲を山に囲まれた谷間の標高1,600mエリアでキンデンコーヒーは生産されています。

 

パプアニューギニア農園

現地の農園管理会社に徹底した管理を受けた『キンデン・アソシエイト』と呼ばれる品質が認められた優良農園のコーヒーチェリーを集め、同社の精選選別設備を使用して厳選しています。

最終的なカッピングを経て香味が確認されたもののみ『キンデン ブランド』のコーヒーとして出荷されます。

 

パプアニューギニア

 

個性はなによりそのビターネスです。強く、飲み込んだ後も

舌に残る苦味は印象的です。

酸味はほとんどなく、コクよりも水っぽさの方が強いため、

それが苦味をさらに印象付けています。

ブレンドのようなバランスの味わいがお好きな方には、

ショコラなどチョコレートの甘味をお供にされると楽しみやすいです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★☆☆

コク ★☆☆

世界のコーヒー8月限定珈琲豆「パプアニューギニア シグリAA」

西原珈琲店の世界のコーヒー8月の限定コーヒーは、

『パプアニューギニア シグリAA』です。

オセアニアはパプアニューギニアからのコーヒー豆です。

all

まずは豆を見てみましょう。

縦長の大きい身。粒ぞろいのきれいな形をしています。

focus

香りはほんのり甘酸っぱい。

力強いフルボディな味わいですが、

口当たりは柔らかく、とても飲みやすいです。

飲んだ後には、酸味と甘さと心地よい渋みとが複雑な風味を残します。

パプアニューギニアからの珈琲豆、是非ご賞味下さい。

———珈琲豆いろは———

赤道の丁度南の熱帯に位置するパプアニューギニア。

第二次世界大戦の前にルター派の宣教師によりこの地にコーヒーが持ち込まれました。

シグリ農園は西部高地地方ワギ・バレーに1950年代末に開発された大農園で、

海抜1600mの標高、清涼な気候、十分な降水量、豊かな土壌に恵まれています。

「一日で一年の気候を繰り返す」

と言われる気象の変化などコーヒーの生育には理想的な環境です。

完熟チェリーの手摘み、通常より1日多い4日間をかけた水洗発酵工程、

たっぷり10日間をかけた天日乾燥、完成豆の二度にわたる卓上手選別などにより、

シグリ農園のヒスイに似た蒼色と、高級の風味、品格が出来上がります。

6月の限定珈琲『パプアニューギニア ギガバー エステート』

西原珈琲店の今月の珈琲、6月の珈琲は、

『パプアニューギニア ギガバー エステート』です。

ほんのりスモーキーな香りが漂う大人な雰囲気。

まず口に広がる柔らかい苦みとすぐ後についてくる甘みと軽やかな酸味。

しっかりとした味で、ストレートコーヒーの醍醐味を味わえる珈琲です。

是非この機会にご賞味下さい。

———珈琲豆いろは———

パプアニューギニアはニューギニア島の東半分と周辺のビスマーク諸島、ブーゲンビル島などから成る共和国で、日本の1.2倍の国土があります。また、本島の中央には4000メートル級の山脈が東西に連なりダイナミックな地形が特徴です。

気候は熱帯モンスーン気候で雨季11月から4月と乾期5月から10月に大別されます。平均気温は沿岸部で昼35度から夜24度、高地部では昼28度から夜14度です。

パプアニューギニアにコーヒーが導入されたのは1930年代。ジャマイカ・ケニア・タンザニア・などの原産地からもたらされ、本格的な栽培は1950年代にブルーマウンテンの種子が持ち込まれた頃から始まりました。

ギガバー農園はパプアニューギニアの西部ハイランド州マウントハーゲンから東に40kmのワギバレーに位置します。同農園はシェードツリーとしてナラの木やユーカリを栽培し、直射日光を避け大切に育てられています。
伝統的な栽培により丁寧に収穫されてチェリーは果肉除去後、発酵処理を3日間行い、その後洗浄処理に入るというこの農園ならではの工程を経て100%天日乾燥されます。