天空の丘からの贈り物~ルワンダスカイヒル

9月になりました。秋らしい涼やか気候となり、過ごしやすくなってきましたね。

最近、管理人はクロスバイクにハマっています。

晴れた日は自転車で通勤するのですが、本当に爽快です。

クロスバイクは、レース用のロードバイクと一般自転車の中間で、

街乗り向けながらも、デザインを意識しながらも、本格的な走りも楽しむことができるという自転車です。

私が購入したのはTREKというアメリカのメーカーで、21段階ギアの軽量アルミフレームです。

とにかく走りが楽しいです。登坂もギア調整で立ちこぎしなくてもよく、

フラットな道であればギアを重くすれば、シャカシャカこがずとも

ゆったりと希望のスピードを出すことができます。

自転車というと単なる移動手段でしかなかったのですが、

これは「乗るを楽しむ」ことができるので、とても気に入っています。

オシャレな自転車に乗っているだけで気分も良く、走りも爽快。

普通の自転車よりは少しお値段もしましたが、その分自転車通勤が増えて、交通費をカットでき、運動にもなって健康にも良い。良いことづくめですので、とてもお薦めですよ。

さて、9月のコーヒーは、ルワンダ共和国から

「ルワンダ スカイヒル」です。

beans-all-

hill

ルワンダ、ニャマシェケ地区、高度1700m~、高々と天空に浮かぶ丘ような「スカイヒル」で栽培された、ブルボン種です。

cherry

farm

 

さて、その味は、

beans-focus

こちらのコーヒーは、苦味がしっかりとあります。

大人のコーヒーと言いますでしょうか、ビターな味に慣れない方は、少し抵抗があるかもしれません。

様々なストレートコーヒーを楽しまれるお客様、また、

コーヒーは苦い方が好き、というお客様には是非ご賞味いただきたいと思います。

ビターな味でも、例えばレアチーズケーキを一口ずつ食べながら、コーヒーを飲んでいくと、味のバランスが変わってまた違った楽しみがあると思います。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★☆☆

コク ★☆☆

焙煎 ★★☆

ハイチコーヒー~カリブの潮風が運んできた初夏

6月のコーヒーのご紹介です。

「ハイチ ブルーパインフォレスト」です。

pine-all

カリブ海に浮かぶ、イスパニョーラ島。

map

同じカリブ海のジャマイカやキューバと並び、ここイスパニョーラ島のハイチのコーヒーも世界的に評価されている産地の一つです。

ハイチとは、カリブ海の言葉で「山脈の島」という意味です。その名の通り、島全体が峻険な山岳地帯となっており急峻な地形と、カリブ海から吹く風が織りなす気象環境が香り高いハイチのコーヒーを生み出しています。

cherry

「ブルーパインフォレスト」コーヒーは松の木が覆うハイチ最大の森林地帯のすその、カリブ海からの風を受ける標高800~1000mで栽培されたコーヒーです。

selecting

さて、その味は、

pine-focus

香りはやさしく、ほんのりとアーモンドの香り。

その味は軽やかなですが、バランスよくコクもあります。

舌からのどまでさわやかな酸味が抜けていくのが心地良い。

吹き抜けるカリブの潮風に思いをはせながら、

初夏の季節にぴったりのストレートです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ☆☆☆

酸味 ★★☆

コク ★☆☆

 

完熟レッドチェリーの甘みと香り「ガテマラ プンダナチュラル」9月限定コーヒー

こんにちは。西原珈琲店の世界のコーヒー9月の限定コーヒーは、

真っ赤な完熟チェリーの甘みと酸味を楽しめる、中米ガテマラ共和国『プンダナチュラル』になります。

ガテマラコーヒー1

豆の名前となっております「プンダ(PUNDA)」とは、昔ながらの中米のナチュラル製法のことを意味します。

コーヒーチェリーを生豆に精製する工程として、中米では一度水につけて発酵させる「ウォッシュド」が主流ですが、この「プンダ」はチェリーをそのまま天日乾燥させる「ナチュラル」を採用しているのです。

コーヒー加工工場

チェリーの状態のまま天日乾燥させるため、チェリー由来の甘味や香りが豆にまで浸透するのです。

また、「プンダ」ナチュラル製法の最大の特徴は、チェリー段階から、完熟のレッドチェリーのみを選別して天日乾燥にかけていることです。これにより、雑味の少ない、クリーンな風味に仕上げることができるのです。

コーヒーチェリーの乾燥

乾燥は、パティオやアフリカンベッドにて行うことで、太陽の恵みをしっかりと享受した、風味豊かなコーヒーが生まれました。

コーヒー農園

中米コーヒーの新たな一面に出会えるコーヒー豆と言えます。

ガテマラコーヒー2

さて、豆を見てみましょう。

豆は全体的に小柄で形はナチュラルらしくふぞろいです。

豆の香ばしさと甘みがのびやかに広がる

大変香り高いコーヒーです。

その味はしっかりとしたコク、じんわりと広がる苦味、

それらを中和させるチェリー由来の甘みと酸味が余韻となり、

また、それが香ばしいアロマに引き込まれていきます。

大変バランスの良い気品ある味わいと香りを楽しむことができるコーヒーです。

中米の山、太陽の光を燦々と浴びる赤々と完熟したレッドチェリー、そんな光景を眼に浮かべながら飲んでみるのも楽しいかもしれません。

9月限定となっております。是非この機会にご賞味ください。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

「イエメン アラビアンセレクション」西原珈琲店5月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー5月の限定コーヒーは、

『イエメン アラビアンセレクション』です。

イエメンからのコーヒーです。

イエメン

イエメンは中東アラビア半島の南西にあります。紅海沿岸部の西部にてコーヒーが栽培されています。

イエメンのコーヒー生産地の中でも最も高品質な豆を生産する、

標高2500mにある「バニーイスマイリ地区」農園から届いた希少コーヒーです。

イエメン

さて、豆を見てみましょう。
たいへん小粒で、形も多様です。寝かせたようなアンティークさが漂っています。

飲んでみましょう。

まずはその強い苦味に圧倒されます。

2度、3度と飲むほどに、苦味の奥から広がる深いコク、そして舌にからむ酸味にじんわりと魅了されていきます。

アラビアの天日乾燥ならではの独特な香りがエキゾチックなムードを演出してくれます。

是非、魅惑のアラビアンモカコーヒーをお楽しみください。

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★★☆

コク ★★☆

『コスタリカ エルバス ブラック・ハニー』西原珈琲店3月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー3月の限定コーヒーは、

『コスタリカ エルバス ブラック・ハニー』です。

中米コスタリカからのコーヒーです。

コスタリカ豆写真2

さて、豆を見てみましょう。

コスタリカ豆写真1
豆の大きさは小さ目で、おしりのふっくらとした形をしています。

 

口に含むと、どきっとするような酸味がはじけます。

酸味と一緒にさわやかな香りが鼻を抜けていきます。

 

この酸味をより、楽しんでいただくうえで、

少し重ための甘さをもったスイーツと合わせて頂くと、

甘さとさわやかな酸味がバランスよくお楽しみいただけます。

 

 

本山本店では、こちらのコスタリカに合わせて、新作ケーキをご用意しました。

苺のロールケーキ

旬な苺と濃厚クリームを使った『苺のロールケーキ』です。

 

珈琲の酸味とフレッシュな苺の酸味が丁度バランスよく、

濃厚なクリームと柔らかなスポンジがぴったりです。

 

是非、コスタリカコーヒーのお供にご賞味ください。

 

本山本店の早咲き桜です。

早咲き桜

『キューバクリスタルマウンテン』西原珈琲店の世界のコーヒー12月限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー12月の限定コーヒーは、

『キューバクリスタルマウンテン』です。

キューバ共和国からのコーヒーです。

クリスタルマウンテン

皆様は、キューバといえば皆様はどんなイメージが浮かぶでしょうか?

キューバの道

photo by @Doug88888 CC

キューバサルサ音楽

社会主義国

革命家、チェ・ゲバラ

チェ・ゲバラ

photo by @Doug88888 CC

キューバ共和国はアメリカの南端、フロリダと海を挟んだ場所にあります。

社会主義国であるキューバはアメリカと国交がなく、日本人にとっても遠い存在ともいえますが、

その独特の文化であるサルサ音楽、ラム酒、シガー、そして革命の歴史もあいまって、世界中から注目を浴びる国ともいえます。

キューバ地図

外務省HPより

キューバのコーヒー生産の始まりは、1748年と古く、フランスの入植者たちがハイチの技術を導入して広がっていきました。
スペインへの輸出を通じて、島の重要な生産物へと進化していきました。

1959年のキューバ革命以降、コーヒー産業は国営となり、現在では国民に対して15日に2オンスが配給され、カフェラテやエスプレッソとして人々の楽しみとなっています。一方、高品質なコーヒーは日本をはじめとする輸出向けとなっています。

キューバカフェ

photo by Nick Kenrick CC

さて、今回はそんなキューバ共和国から、管理人も大変おすすめのコーヒーをご紹介します。

その名も

『クリスタルマウンテン』

エスカンブライ山脈

photo by lezumbalaberenjena CC

エスカンブライ山脈の自然で育った希少コーヒーです。

豆を見てみましょう。
クリスタルマウンテン1
大きさは中くらいで、ふっくらとした美しい形をしています。

 

心地よいスモークのが漂います。

口に含みましょう。

まずは炭の苦みがあらわれます。

しかし、すぐにさわやかな酸味と甘みが舌の上で立ち、

そして、深いコクを残して、消えていきます。

 

苦味から、酸味と甘み、最後に深いコクが漂う。

そのバランスの良さは、間違いなく一級のコーヒーです。

豆本来の酸味と甘みを上品に引き出しつつ、炭火焼焙煎が生み出す香り高さを楽しめます。

是非、こちらの希少コーヒーをお楽しみください。

クリスタルマウンテンという名前は、

産地であるエスカンブライ山脈の石英岩が朝露に濡れて

キラキラと光る

という美しい情景から、クリスタルのような山でとれるコーヒーという名前が付けられました。

まさに、光り輝く味わいを持ったコーヒーです。

西原珈琲店の世界のコーヒー11月限定コーヒー「レテフォホ・コリーナ34」

西原珈琲店の世界のコーヒー11月の限定コーヒーは、

『レテフォホ・コリーナ34』です。(つい、噛んでしまいそうです)

東ティモール共和国からのコーヒーです。

世界で最も新しい国の一つ「東ティモール共和国」をご存知でしょうか?

東ティモール地図

外務省HPより

「インドネシア東部に位置するティモール島の東部にあり、人口は 約92万人(2004年センサス)、国土は日本の岩手県ほどの大きさで、山が多い地形となっています。」

東ティモール風景

photo by United Nations Photo CC

「16世紀頃から1974年までポルトガルの植民地でしたが、ポルトガルが主権を放棄した後、インドネシアが東ティモールを事実上併合しました。

1999年8月には、インドネシア政府提案の拡大自治案の是非を問う直接住民投票が実施され、約8割の住民が東ティモールの分離・独立を選択しました。

しかし直後の独立に反対する勢力による破壊・暴力行為により、多くの施設や家屋が破壊されました。その後、国際社会の支援のもとで独立に向けた国づくりがすすめられ、2002年5月20日に独立しました。」

まだ、誕生して12年の新しい国です。

東ティモールコーヒーチェリー
photo by United Nations Photo CC

東ティモールでは、コーヒーは唯一の換金作物であり、国民の4人に1人がコーヒー生産者と言われています。

実は、日本は東ティモールのコーヒー産業に深い関わりあります。

東ティモールコーヒー工場
photo by Karen Eliot CC

2003年、まだ日本のNPO法人が 東ティモール復興のため、コーヒー生産者支援を始めました。

当初35世帯だった農家は、現在約600世帯に増えました。

「品質管理」という概念を伝え、チェリーの選別、乾燥、精選工程にいたるまで、指導を重ねてきました。

長年にわたる努力が実り、高品質コーヒーができるようになりました。

東ティモールコーヒー豆

photo by United Nations Photo CC

※上記掲載の写真は本コーヒー農園とは関係ありません。

さて、その東ティモールから届けられた「レテフォホ・コリーナ34」です。

レテフォホ1

豆を見てみましょう。

大きく、胴のしっかりした力強い形をしています。

レテフォホ2

その香りは、天日乾燥らしい、少しエイジングしたような独特の香りを感じます。

その味は、まずは心地よい酸味が広がります。酸味の奥にはしっかりとしたコク。

飲みこむたびに豆本来の香ばしさとコクが、口の中で積み重なっていきます、

それはまるで、東ティモールの人々、そして日本の支援者達の、高品質コーヒーを作るまでの努力の結晶のように。

コーヒーの原種でもあるティピカ品種、高地1450mのエルメラ県、レテフォホ村からのコーヒー豆です。

11月限定となっております。是非、ご賞味下さい。

西原珈琲店の世界のコーヒー10月の限定コーヒー「カゴンベ ウォッシングステーション」

西原珈琲店の世界のコーヒー10月の限定コーヒーは、

『カゴンベ ウォッシングステーション』です。

ブルンジ共和国からのコーヒーです。

 

 

「ブルンジ共和国」という国を聞いたことはありますでしょうか?

管理人の私もこちらのコーヒーを知るまでは聞いたことがありませんでした。

場所はアフリカの中南部、ルワンダとタンザニア、コンゴに挟まれています。

ブルンジ共和国地図外務省HPより

ブルンジ首都

photo by SteveRwanda CC
首都のBujumburaです。

ブルンジ渓谷 photo by Christine Vaufrey CCBangaエリアの山の様子 ※当コーヒー農園とは関係ありません。

 

wikipediaより

ブルンジ共和国は、「長い内戦と経済制裁によって、経済は壊滅状態」にあるようです。「アフリカの中でも経済開発が遅れている国のひとつであり、世界最貧国の1つ」と言われています。

「主要産業は農業」のようです。「中でもコーヒー豆の生産は突出しており、就業人口の9割、全人口の55%がコーヒー豆(アラビカ種)の栽培で生計を立てて」いるようです。

「コーヒー豆だけで外貨収入の8割を占める」ほどのまさに、まさに、コーヒー国家。そんなコーヒーに国の命運をかけているとっても過言ではないブルンジ共和国からのコーヒーです。

 

 

ブルンジにコーヒーが伝わったのは1933年と長い歴史があります。ベルギーの宣教師が持ち込んだのがきっかけです。

ブルンジコーヒー豆

さて、豆を見てみましょう。

大きく、どっしりとしただ円の身です。色はしっかりとした焙煎によるきれいなダークブラウンです。

 

 

とても香り高いです。深い焙煎が豆の香ばしさを引き出しています。

 

その味は、まずは苦味が広がり、うっすらと立ちあがる渋み。

 

しっかりとしたコク・まろやかさがあるので、舌の奥で風味を堪能できます。

 

苦いコーヒーがちょっと、という方は少し抵抗があるかもしれません。苦味とコクをじっくり味わえる大人のコーヒーです。

 

 

高品質として名高いブルボン品種で、1650mの高度で栽培されたコーヒー豆です。

当コーヒーの名前の由来は精選場「カゴンベ ウォッシングステーション」にて厳選されたコーヒーです。

 

是非ご賞味下さい。

西原珈琲店の世界のコーヒー8月の限定コーヒー『パナマ ダイアモンドマウンテン』

西原珈琲店の世界のコーヒー8月の限定コーヒーは、

『パナマ ダイアモンドマウンテン』です。

パナマ共和国からのコーヒーです。

fous

まずは豆を見てみましょう。

少し小ぶりですが、ふっくらとした身で、大変きれいな形をしています。

 

 

all

口に含むとコク、爽やかなうまみが広がります。

豆の香ばしさは秀逸で、舌の上でじっくりと転がしたくなる味わいです。

ほんのりとした渋みがありますが、それもむしろ心地よさを感じます。

是非、こちらのコーヒーをお楽しみください。

 

——–コーヒー豆いろは——–

ダイアモンドマウンテンはラ・エスメラルダ農園で栽培されています。

 

パナマ西部・バレー火山の山裾に広がリ、標高1,400mで豊かな降雨に恵まれ、

農園内にも天然林が保護されている等、恵まれた自然環境に囲まれています。

 

農薬を使わず完熟実だけを手摘みし、収穫後の加工も細心の注意を払って行われているなど、

世界最高のコーヒーが生産されるにふさわしい環境です。

西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒー『コンゴ キブ SOP.ユニオン』

西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒーは、

『コンゴ キブ SOP.ユニオン』です。

アフリカ大陸中央部コンゴからのコーヒーです。

コンゴコーヒーアップ

まずは豆を見てみましょう。

大変小ぶりでぎゅっと引き締まった身をしています。

コンゴコーヒー

 

淹れた瞬間から、香り立つ南国フローラルの甘いアロマにうっとりします。

 

口に含むばすぐに広がる酸味が印象的です。

舌の脇を心地よく通る酸味は、奥へ甘みとなって軽やかに抜けていきます。

じんわりと残る苦みは、大地で強く育ったカカオマスのような強さと甘さを醸し出します。

 

まるで大人のスイーツのような軽やかさと弾ける酸味、チョコレートビターな苦み。

 

大変珍しい香りと風味を持つコンゴコーヒーです。

是非、こちらのコーヒーをお楽しみください。

 

——–コーヒー豆いろは——–

アフリカ大陸中央部のコンゴ側流域に広がり

世界で11番目の面積を擁する広大な国家。

コーヒーはベルギー植民地時代に導入され、多くの農園が開発されました。

南部に高知、西武に台地、北部に雄減、東部に高山と、

広大な大地には豊穣な自然に囲まれています。そして、コーヒー栽培は東部のキプ州で行われています。

近年、隣国のルワンダとともに高品質コーヒーが生まれることで注目を集まるコンゴ。

アラビカ種のハイクオリティコーヒーの生産に力を入れています。