「カサ ブランカ ラコパ」西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒーは、

『カサ ブランカ ラコパ』です。

中米はニカラグア共和国からのコーヒー豆です。

こちらはちょうど一年前にも同農園のバレンシアをご紹介しました。

ニカラグアカサブランカ豆全体

カサブランカ農園は、ニカラグアの北西部ホンジュラスとの国境に近い、

崖と谷が入り組んだ山岳地帯に位置します。

農園は標高1,200メートル。

農園内は自然林とシェードツリーがよく茂り、多くの小動物も共生する

豊かな自然に恵まれた農園です。

ニカラグアカサブランカ豆フォーカス

さて、豆を見てみましょう。
中くらいのサイズ、丸みはきれいで、テキスチャー(表面)もなめらかで美しいです。

皆様はコーヒー豆でご自宅用にご購入されたことはありますでしょうか?

グラインド(豆挽き)前に、是非、豆そのものをご鑑賞されることをおすすめします。

豆の形、色(ロースト具合)、全体バランス、テキスチャ、美味しいコーヒーは、ドリップ、ローストも当然ながら大切ですが、何より豆自体の品質の高さが前提となります。

ストレートコーヒーであれば、豆の形、色合い、大きさがそろっていること、そしてキズ、傷みがないこと、これらの基本がコーヒー本来の味を作ります。

さて、その香りは柔らかく、ほんのりと薫るローストが心地よいです。

舌に触れる味はすっきりとした酸味、渋さ、そして、じんわり広がるコクとまろやかさ。

これからの夏を感じる爽やかな風味を楽しめます。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

『ニカラグア リモンシリョ ジャバニカ』西原珈琲店の世界のコーヒー1月限定コーヒー

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年最初のコーヒーのご紹介です。西原珈琲店の世界のコーヒー1月の限定コーヒーは、

『ニカラグア リモンシリョ ジャバニカ』です。

ニカラグア共和国からのコーヒーです。

ニカラグアコーヒー豆写真1

ニカラグアは、中米、ホンジュラスとコスタリカに挟まれた場所にあります。

ニカラグア地図

旅行のとも、ZenTech様参照

人口は608万人、国土は北海道と九州を合わせたくらいの広さです。

主要産業は農牧業で、コーヒーや牛肉などを輸出しています。

さて、豆を見てみましょう。

ニカラグアコーヒー豆写真2
大きさは小ぶりで、細長の形をしています。

こちらのコーヒーはは「ジャバニカ」単一品種です。

東インド会社の時代、オランダ人がインドネシアのジャワ島にエチオピア原産のロングベリーコーヒーを移植しました。

このジャバ島で育ったコーヒーがジャバという品種です。

このジャバ品種がニカラグアにもたらされ、「ジャバニカ」と呼ばれるようになりました。

エチオピア起源の原種に近いコーヒー品種と言え、栽培には大変な手間がかかります。

さっそく、コーヒーの「オリジナル」といえるジャバニカを味わってみましょう。

芳醇なアロマが漂います。

舌に触れるその味は、酸味がとても強いのが印象的です。

その酸味は甘みと共存しており、果実のような風味を楽しめます。

 

コクと苦味もしっかりと感じられ深い味わいが余韻に残ります。

このような際立った個性こそ、ストレートコーヒーの楽しみですね。

 

酸味に特徴があるため、レモンを含んだチーズケーキですとその個性がかき消されてしまいますので、

生クリームのロールケーキやシフォンケーキをお供にされることをおすすめいたします。

 

是非、こちらの希少コーヒーをお楽しみください。

リモンシリョ農園の「リモン」は「レモン」の意味です。農園がたくさんのレモンの木に囲まれていることに由来しています。

コーヒーのシェードツリー(コーヒーの木に日陰を作る役割の木)に柑橘系の木があると、そのコーヒーはフルーティな風味、柑橘のアロマを持ちます。

こちらのコーヒーの強い酸味には、リモンシリョ農園を囲むレモンの木のアロマが宿っているのかもしれません。