『レイク マラウイAB』10月限定コーヒー

西原珈琲店の今月の珈琲、10月の限定コーヒーは、

『レイク マラウイAB』です。

アフリカ「マラウイ共和国」からの逸品コーヒー豆です。

豆は小粒で粒ぞろい。引き締まった良い形をしています。

 

淹れてみると、豆の芳醇な香りが広がります。

口に含めばそのバランスの良さに驚きます。

そして、舌の上で豆本来の上品な酸味とほのかな甘みがきゅっと主張します。

その豆の形のように引き締まった酸味を大変良く楽しめます。

 

なかなか出会うことの出来ない産地、中でも一級品のクオリティです。

10月限定となっておりますので、是非お早めにご賞味下さい。

———珈琲豆いろは———

近年、高品質のコーヒーを作り出すことで注目を集めている

アフリカの小国「マラウイ共和国」。

その中でも、この「レイク マラウイ」は輸入量が少なく、

希少性の高いコーヒー豆です。

マラウイ最大の湖である「レイク マラウイ」がその名前の由来です。

栽培から精選・選別まで一貫された高品質なコーヒー豆です。

8月限定コーヒー豆『ネパール プライム(ヒマラヤン・アラビカ)』

西原珈琲店の今月の珈琲、8月の珈琲は、

『ネパール プライム(ヒマラヤン・アラビカ)』です。

ニカラグア ブエノスアイレス マラカトゥーラ

ネパールのコーヒー豆?と不思議に思う方も多いかと思います。

しかし、飲んでみればその味わいの深さに驚くかもしれません。

小粒の豆もきれいに形が揃う高品質。

しっかりとコクがあり柔らかい酸味が心地よい逸品です。

———珈琲豆いろは———

世界の最高峰エベレストを連ねるヒマラヤ山脈。その真只中に位置する「ネパール王国」。

この貧しくも美しい国「ネパール」に、経済援助を目的とした農業指導の一環として、十数年前にコーヒーの樹が持ち込まれました。

樹種はエル・サルバドルを郷土とするアラビカ種でマイルドな甘味とソフトな酸味が特徴の逸品に仕上がっています。

口に含めばヒマラヤの山々が、そして微笑むネパールの子供たちが目に浮かぶでしょう。

7月限定コーヒー『ニカラグア ブエノスアイレス マラカトゥーラ』

西原珈琲店の今月の珈琲、6月の珈琲は、

『ニカラグア ブエノスアイレス マラカトゥーラ』です。

ニカラグア ブエノスアイレス マラカトゥーラ

これはなかなか珍しい豆です。

まず写真でもお分かりの通り、大粒、とにかく大きい。

大きいだけでなく形もよく見事です。

そしてとにかく素晴らしい味わいです。

ストレートコーヒーでこのバランスはなかなかお目にかかれません。

香りは上品で穏やかに、口に含むと、その口当たりのよさに

思わず微笑んでしまいます。そして甘みが一気に広がります。

爽やかなテイスト、しっかりとコクもあって渋みは一切感じません。

是非この機会にご賞味下さい。

口当たりのよい爽やかなテイストは

夏の暑い中で味わうホットも爽やかな気分にしてくれます。

———珈琲豆いろは———

スペシャルティコーヒー産出農園のニカラグア・ブエノス・アイレス農園よりマラカトゥーラ種をご紹介します。
このマラカトゥーラはマラゴジッペ種とカトゥーラ種の交配で、樹一本あたりの生産性の非常に低いマラゴジッペ種に、生産性の高いカトゥーラ種を掛け合わせたものです。

農園主のLuis Emilio Valladarez氏は地元の農学校卒業した農業技師です。そのValladarez氏がある日、友人から50ポンド(約22.7kg)のマラカトゥーラの種をプレゼントされました。
試験的に植えたその種は、見事に育ち、たくさんの実をつけ、理想的な収穫量を実現しました。

また、同農園で同品種は2m×2mの比較的広い間隔で栽植され、1ha当たり1750本が植えられています。このマラカトゥーラは大粒でユニークな形をしていますが、カップもマイルド&クリーンと非常に高い評価を得ています。
ニカラグア最良の産地、Nueva Segovia(ヌエバセゴビア地区) Dipilito(ディピルト村)の大粒です。

6月の限定珈琲『パプアニューギニア ギガバー エステート』

西原珈琲店の今月の珈琲、6月の珈琲は、

『パプアニューギニア ギガバー エステート』です。

ほんのりスモーキーな香りが漂う大人な雰囲気。

まず口に広がる柔らかい苦みとすぐ後についてくる甘みと軽やかな酸味。

しっかりとした味で、ストレートコーヒーの醍醐味を味わえる珈琲です。

是非この機会にご賞味下さい。

———珈琲豆いろは———

パプアニューギニアはニューギニア島の東半分と周辺のビスマーク諸島、ブーゲンビル島などから成る共和国で、日本の1.2倍の国土があります。また、本島の中央には4000メートル級の山脈が東西に連なりダイナミックな地形が特徴です。

気候は熱帯モンスーン気候で雨季11月から4月と乾期5月から10月に大別されます。平均気温は沿岸部で昼35度から夜24度、高地部では昼28度から夜14度です。

パプアニューギニアにコーヒーが導入されたのは1930年代。ジャマイカ・ケニア・タンザニア・などの原産地からもたらされ、本格的な栽培は1950年代にブルーマウンテンの種子が持ち込まれた頃から始まりました。

ギガバー農園はパプアニューギニアの西部ハイランド州マウントハーゲンから東に40kmのワギバレーに位置します。同農園はシェードツリーとしてナラの木やユーカリを栽培し、直射日光を避け大切に育てられています。
伝統的な栽培により丁寧に収穫されてチェリーは果肉除去後、発酵処理を3日間行い、その後洗浄処理に入るというこの農園ならではの工程を経て100%天日乾燥されます。

今月の珈琲『タンザニアエーデルワイスAA』

西原珈琲店今月の珈琲は『タンザニアエーデルワイスAA』です。

 

「穏やかな香り」

 

と言いましょうか、その香り高さはまろやかに、そしてしっかりと主張する。

口に含めば、広がる豆本来の酸味。酸味からは甘みがこぼれだします。

後味まで柔らかいバランス感。

ストレートコーヒーとしてこのバランスはなかなか出会えないかもしれません。

是非一度ご賞味ください。

 

『タンザニアエーデルワイスAAについて』

標高170kmに位置するエーデルワイス農園は、オルデアニ地区内の

赤土の肥沃な土壌と豊富な雨量に恵まれたコーヒー栽培に理想的な土地です。

この農園には灌漑設備も備えられており、優れた栽培技術と品質管理が行なわれています。

今月のコーヒー『スティーブンスペシャル2011』

西原珈琲店4月限定コーヒー『スティーブンスペシャル2011』始まりました。

コロンビア最大のコーヒー豆共同組合のEXPOCAFE社のカップテイスター、スティーブン・ディアス氏によって厳選し、作り上げた限定コーヒー豆です。

コロンビア トリマ県 ガイタニア産の豆を選定しました。ウイラ地方のウイラ・スノー・ピーク国立公園に隣接する東部山脈・標高1700mに一志、火山により形成された複雑な土壌成分・標高の高さ・理想的な機構が組み合わさり、伝統的なコーヒー栽培に最適な条件を作り出しております。

新潮に手摘みされたコーヒーチェリーは、適切に管理された発行プロセスを経た後、冷たい山水で水洗いされ、天日乾燥を施されています。

その味は、全体としてしっかりとた印象、しかし、フルーティな風味が広がります。

口に含むとまず心地よい酸味を感じます。

そして、その酸味の奥から立ち上がる甘み。

是非、この機会に限定コーヒー『スティーブンスペシャル2011』をご賞味下さい。

定番商品のご紹介〜西原珈琲店のシナモントースト

皆様は西原珈琲店の『シナモントースト』は

もうご賞味頂いたことはありますでしょうか?

西原珈琲店の隠れた人気商品、シナモントースト

 

 

厚めに切ったパンに、

 

たっぷりのバターとハチミツ、

 

香ばしいシナモンのトッピングが美味しい

 

シナモントースト

 

シンプルな素材、シンプルな作り方

 

だからこそ美味しい、それが

 

西原珈琲店の、『シナモントースト』です。

 

これを楽しみに珈琲を味わって頂くお客様は実は結構いらっしゃるんです。

 

是非、一度ご賞味下さい。500円です。

伏見店の4月のランチセット〜べーコンチーズサンドイッチ

西原珈琲店伏見店のランチセット

4月のおすすめは、

ベーコンチーズサンドイッチです。

サンドイッチ+日替わりスープ+サラダ+ドリンクのセットで、

1100円です。

ドリンクは下記の中からお選び頂けます。

◎ブレンド、◎アイスコーヒー、◎紅茶、◎アイスティー、◎ミルク、◎アイスミルク

*その他500円以上のドリンクを+差額でご提供致します。

その他サンドイッチランチセット

◎トマトと卵焼き:1050円

◎ハムときゅうり:1050円

◎ハムチーズきゅうり:1100円

是非ご賞味ください。