ラオス、ミステリアス

こんにちは。

梅雨ももうすぐで明けそうですが、梅雨が明ければ夏真っ盛り。

今年の日本はどこまで暑くなるのでしょうか。

そして、近年当たり前になってきたゲリラ豪雨。

このゲリラ豪雨というもの、これはいわゆるスコールですよね。

バリ島などを旅行すると、晴れていると思ったら急に大雨が降って、そのあと、また晴れる、というような瞬間的な雨はスコールとして有名で、亜熱帯地方の東南アジアによくある風景ですね。

そのうち、日本も亜熱帯地方の仲間入りをしてしまうのでしょうか?

さて、今月は東南アジアの小国からミステリアスなコーヒーをお届けします。

ラオス豆1

7月の世界の限定コーヒーは、

アジアの新興コーヒー生産国であるラオス。

image1_edited

6月の中国雲南省コーヒーに続き、アジア新興コーヒー第2弾です。

限られた生産 農園より集荷したラオスのウオッシュドコーヒー。

国の南に隣接するカンボジアまで続いて、東シナ海へと悠々と流れる 大河・メコン川に抱かれた牧歌的な国ラオス  東南アジアの唯一の 内陸国であるこの国は、成長著しい東南アジア圏の中でも人口増加 が緩やかで非常に牧歌的な雰囲気を強く残します。

image2_edited

さて、その味は、

ラオス豆2

スモーキーな独特の香り。

その味は、まず酸味がはじける!一瞬、舌の上で強く感じますが、

決して後引くことはなく、とても心地良い。

しっかりとボディのある風味ですが、スムーズでとにかくクリーン。

ほんのり豆の香ばしさとあいまった苦味が余韻する。

太いようで繊細、複雑なようでストレート、

ミステリアスなコーヒーです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★★★

コク ★★☆

雲南は思茅(シモン)の魅惑

こんにちは。

先月は暑い日が続きました。ほとんど夏のような気温の日もありました。

インドでは史上最高気温の51度!をラジャスタン地方で記録したそうです。まさにサウナ状態。

今年の日本の夏はどうなることやら。

さて、6月の世界の限定コーヒーは、

珍しい中国からのコーヒー、
「雲南 アラビカ 思茅(シモン)」です。

コーヒー豆全体

中国の雲南省は、プーアール茶など茶葉の生産で有名ですが、実は、世界的なコーヒー需要の高まりから、コーヒーの新たな生産地としても現在、注目を浴びています。

コーヒーチェリー

こちらの雲南アラビカコーヒー「思茅(シモン)」も、標高 1300mの肥沃な赤土の山岳地帯で、恵まれた環境で栽培されています。

赤く熟した実を丁寧に一粒一粒摘み取り、 清流を利用した水洗処理によって精製。脱穀された生豆は、少しの雑味も出さないように比重選別され、さらにハンドピックされています。

コーヒー精製

西原珈琲店では、南米やアフリカの有名産地だけでなく、このようなコーヒーのニューワールドにも目を向け、本当に上質なコーヒー豆だけを皆様にご紹介してまいります。

(シモン・思茅という名前は、何か奥ゆかしい仏教用語のようですが、由来は、雲南省思茅という地名からきています。)

さて、その味は、

コーヒー豆アップ

淹れたてのコーヒーから漂う、香りは強く伸びやかです。

口に入れた瞬間、苦味に少し驚きますが、

そこから、しっかりとした豆の深みが舌の上を転がります。

酸味もありますが、不思議と後引かず、すっと消えていきます。

名残惜しい気がして、再びカップを口に、、、

全体的に軽やかなテイストですが、豆の深み、香り高さを楽しめるコーヒーです。

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★★☆

コク ★☆☆

 

アフリカの苦味、雄大な湖、高原のみずみずしさ~マラウィコーヒー

4月は新年度、新学期、始まりの月ですね。

街中には初々しい新入社員、繁華街には新大学生を見かけます。

そして桜の季節です。何度見ても心奪われる桜の美しさ。

今年は例年より長く咲いていたようにも思いました。

どんな花見を楽しみましたか?

さて、4月の限定コーヒーは、

マラウィ共和国からのコーヒー
「ビフィアヒルズ農協」です。

コーヒー豆

マラウィ共和国をご存知でしょうか。

国旗

アフリカ大陸に位置し、国土のほとんどを高原と大きな湖が占めています。

マラウィのコーヒー栽培は1878年、スコットランドにあった1本のコーヒーの木が移植され、広まったとされています。

農園

ほぼ国内全土でコーヒーが栽培されていますが、主要産地は北部高地、中部高地、南部高地です。

主な輸出先は南アフリカ、スイス、ドイツ、英国となっています。日本の入荷量はわずか230袋(2012年実績)程度となっています。それゆえ、街で、マラウィコーヒーは見かけることはないかと思います。

コーヒーバッグ

さて、その気になる味は、

コーヒー豆

まず感じる強い苦味、湿った木の皮のようなフレーバー。

ここ最近は、飲みやすいバランス感の良いストレートコーヒーが続いていましたが、コーヒーの苦味の迫力をガツンと思いださせてくれる力強い味わい。

一方で、後味はみずみずしく、すっきりとしているところが、このコーヒーが一筋縄でいかない個性と言えます。

アフリカの大地の力強さ、高原の涼やかな気候と雄大な湖が生み出した味わい、ビターコーヒーが好きな方、是非ご賞味ください。

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★☆☆

コク ★★☆

コーヒーがつむぎだす物語 ~希少ミャンマーコーヒー

3月になり、急に冬に逆戻りする日もありながらも、

ぽかぽかと陽気な日がやってきましたね。

桜が咲くのが待ち遠しいですね。何度見ても心を奪われる桜の不思議です。

管理人は例年桜が散ると治まる花粉症持ちですから、散るのも待ち遠しいというジレンマな季節でもあります。(笑)

さて、3月の限定コーヒーは、

なんとミャンマーからのコーヒー
「ピン・ウールウィン」です。

ミャンマーコーヒー豆

ミャンマーといえば民主化運動のスー・チーさんが有名ですが、

軍統治政府が、近年民主化されたことによる、新しいアジアの成長市場として期待されている国です。

ミャンマー産コーヒーは珍しく、管理人もなかなかお目にかかれることはありません。

生産量はまだまだ小さいため、同アジア地域の有名産地であるマレーシア・インドネシアなどに隠れてしまっています。

mya-map

ご紹介するピン・ウールウィンは、ミャンマー北部マンダレー地方シャン高原にある都市名です。

この街はイギリス植民地時代、避暑地として開発されため、英国風の町並みが残っています。

ミャンマーのコーヒー栽培は、意外に古く、1885年宣教師によってロブスタ種の栽培が始められ、アラビカ種の栽培はその後1930年にシャン州から始められました。

近年コーヒーの栽培面積は広がってきており、北部高地は、肥沃な赤土と適度な降水量があり高品質なアラビカコーヒーを生産するポテンシャルを秘めていると言われています。

ミャンマー生豆

さて、その気になる味は、

ミャンマーコーヒー豆アップ

初めて食す南国の果実をかじった時のように、甘味を中心に芳醇な風味が口の中に溢れだします。

一気に、不思議な豆の世界に心が運ばれてしまいます。

深いコクと伸びやかな香り、舌触りはとてもまろやか、心地よくストーリーは進んでいきます。

飲み込んだ後に残る渋さで、はっと我に返る、、、

コーヒーの味や香りも様々ですが、その魅力は味わいそのものよりも、

その豆と焙煎がつむぎだすめくるめく物語の面白さに浸ることが醍醐味なのかな、

そんな風に思わせてくれたコーヒーでした。

飲みやすく、奥行きのある味わい、ミャンマーのこれからのコーヒーにとても期待したいと思います。
管理人も太鼓判の新ブランドです。是非、この貴重な体験を味わってみてください。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★☆☆

コク ★★★

 

暖冬、柑橘のアロマ コスタリカ セントタラスコーヒー

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の正月は本当に暖かく、外にて、ふとコートを腕にかけて、という瞬間もちらほらありました。名古屋では雪の1月も珍しくないですが、そんな気配はありませんでした。

さて、本年最初の限定コーヒー、1月の限定コーヒーは、

コスタリカ共和国 「セントタラスSHB」です。

コーヒー豆

高地だけで栽培される「タラス」のコーヒーは『酸味が豊かで上品、コクがあり特に良い香りがある』と言われ、世界中で高く評価されています。

農園写真

セントタラス SHBについて

グティエレスファミリーとその友人たちの農園(約100ヘクタール)で一粒ずつ丁寧に収穫されたコーヒーチェリーは、自社工場(モンターニャス・デル・ディアマンテ)に運ばれ、一貫して生豆まで仕上げています。

コーヒー豆

香りは柑橘のアロマが伸びやかに広がります。

他にはない、とてもユニークな味わいを楽しめます。

口に含むとまずレモンとオレンジの間くらいのシトラスの酸味が広がります。

酸味の合間に感じる甘みがまろやかさを生んでいて、

柑橘のような、絶妙な、心地よい酸っぱさが楽しめます。

是非、この酸味を味わってください。

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★★

コク ★★☆

 

なお、以前に書いた管理人のコスタリカちょこっと旅行記もよろければ。

『エルサルバドル サン イシドロ』西原珈琲店8月限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー8月の限定コーヒーは、

『エルサルバドル サン イシドロ』です。

focus

中米エルサルバドル西部サンタアナ火山山麓のアパネカにある「サン イシドロ農園」では、シェードツリーの下で、希少な パカマラ種をわずかに2ヘクタールのみ栽培しています。

farmfarmer

『パカマラ種』はブルボン種の突然変異の「パカス」と「マラゴジッペ」をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種 です。

cherry cherry2

マラゴジッペのように大粒ですが、素晴らしい香りをもっており、近年高い評価を得ています。生産量は少なく、希少な品種となっています。

 

 

all

さて、豆を見てみましょう。

縦に長く、どっしりと大きな形をしています。

淹れたてのコーヒーからはミツのような甘い香りが漂ってきます。

口に含めば、鮮やかな酸味が一杯に広がります。

苦味も控えめで、さわやかな風味は、暑い夏のホットコーヒーにぴったりです。

ほんのりと甘い香り、ビビッドな酸味、

エルサルバドルからやってきた真夏のコーヒー「サンイシドロ」、

是非ご賞味ください。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★★

コク ★☆☆

『パナマ フロレンティーナ サンラモン』西原珈琲店7月限定コーヒ

西原珈琲店の世界のコーヒー7月の限定コーヒーは、

『パナマ フロレンティーナ サンラモン』です。

201507_focus

パナマ共和国からのコーヒー豆です。

パナマは赤道近くに位置しているので、一年中高温多湿の亜熱帯気候です。

201507flower

コーヒー生産地は1年を通して 日中の寒暖差が大きいため、形よく、香りも引き締まったコーヒーが出来上がります。

201507farmer

ラ フロレンティーナ農園ではパナマで最も農業が発展しているチリキ県(西側県境はコスタリカとの国境)にあり、 バルー火山の北斜面、ボルカン地区のパソアンショ渓谷に位置しています。

この渓谷のミネラル豊富な火山灰性 黒土の土壌で、コーヒーは栽培されています。

更に、特筆すべきは、1930年代にコスタリカ西部のサンラモンという町で発見されたティピカの突然変異の サンラモン。

201507cherry

今回はサンラモン種100%の豆をお届け致します。収穫初期のパーチメントから濃厚な甘い香りを感じる この豆は、収穫期には相当な糖分が濃縮されたコーヒーに仕上がります。

201507_all

さて、豆を見てみましょう。

中くらいのサイズで胴が長く、表面はきめ細かくツヤがあります。

さて、その味は、しっかりとしたコク、深みがあります。苦味もありますが、後に引かない爽やかなビターです。

口の中で豆の香ばしさが膨らみ、舌の上で豆本来の酸味と甘味が絡みあって心地よい余韻を奏でます。

コク、ビターがしっかりあるので、チーズケーキや柑橘系ケーキなどのすっぱさのあるケーキをお供にされうことをおすすめします。

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★☆☆

コク ★★★

「カサ ブランカ ラコパ」西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒーは、

『カサ ブランカ ラコパ』です。

中米はニカラグア共和国からのコーヒー豆です。

こちらはちょうど一年前にも同農園のバレンシアをご紹介しました。

ニカラグアカサブランカ豆全体

カサブランカ農園は、ニカラグアの北西部ホンジュラスとの国境に近い、

崖と谷が入り組んだ山岳地帯に位置します。

農園は標高1,200メートル。

農園内は自然林とシェードツリーがよく茂り、多くの小動物も共生する

豊かな自然に恵まれた農園です。

ニカラグアカサブランカ豆フォーカス

さて、豆を見てみましょう。
中くらいのサイズ、丸みはきれいで、テキスチャー(表面)もなめらかで美しいです。

皆様はコーヒー豆でご自宅用にご購入されたことはありますでしょうか?

グラインド(豆挽き)前に、是非、豆そのものをご鑑賞されることをおすすめします。

豆の形、色(ロースト具合)、全体バランス、テキスチャ、美味しいコーヒーは、ドリップ、ローストも当然ながら大切ですが、何より豆自体の品質の高さが前提となります。

ストレートコーヒーであれば、豆の形、色合い、大きさがそろっていること、そしてキズ、傷みがないこと、これらの基本がコーヒー本来の味を作ります。

さて、その香りは柔らかく、ほんのりと薫るローストが心地よいです。

舌に触れる味はすっきりとした酸味、渋さ、そして、じんわり広がるコクとまろやかさ。

これからの夏を感じる爽やかな風味を楽しめます。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

『ニカラグア リモンシリョ ジャバニカ』西原珈琲店の世界のコーヒー1月限定コーヒー

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年最初のコーヒーのご紹介です。西原珈琲店の世界のコーヒー1月の限定コーヒーは、

『ニカラグア リモンシリョ ジャバニカ』です。

ニカラグア共和国からのコーヒーです。

ニカラグアコーヒー豆写真1

ニカラグアは、中米、ホンジュラスとコスタリカに挟まれた場所にあります。

ニカラグア地図

旅行のとも、ZenTech様参照

人口は608万人、国土は北海道と九州を合わせたくらいの広さです。

主要産業は農牧業で、コーヒーや牛肉などを輸出しています。

さて、豆を見てみましょう。

ニカラグアコーヒー豆写真2
大きさは小ぶりで、細長の形をしています。

こちらのコーヒーはは「ジャバニカ」単一品種です。

東インド会社の時代、オランダ人がインドネシアのジャワ島にエチオピア原産のロングベリーコーヒーを移植しました。

このジャバ島で育ったコーヒーがジャバという品種です。

このジャバ品種がニカラグアにもたらされ、「ジャバニカ」と呼ばれるようになりました。

エチオピア起源の原種に近いコーヒー品種と言え、栽培には大変な手間がかかります。

さっそく、コーヒーの「オリジナル」といえるジャバニカを味わってみましょう。

芳醇なアロマが漂います。

舌に触れるその味は、酸味がとても強いのが印象的です。

その酸味は甘みと共存しており、果実のような風味を楽しめます。

 

コクと苦味もしっかりと感じられ深い味わいが余韻に残ります。

このような際立った個性こそ、ストレートコーヒーの楽しみですね。

 

酸味に特徴があるため、レモンを含んだチーズケーキですとその個性がかき消されてしまいますので、

生クリームのロールケーキやシフォンケーキをお供にされることをおすすめいたします。

 

是非、こちらの希少コーヒーをお楽しみください。

リモンシリョ農園の「リモン」は「レモン」の意味です。農園がたくさんのレモンの木に囲まれていることに由来しています。

コーヒーのシェードツリー(コーヒーの木に日陰を作る役割の木)に柑橘系の木があると、そのコーヒーはフルーティな風味、柑橘のアロマを持ちます。

こちらのコーヒーの強い酸味には、リモンシリョ農園を囲むレモンの木のアロマが宿っているのかもしれません。

西原珈琲店の世界のコーヒー9月限定「ドミニカ プリンセサ ワイニー・ナチュラル」

西原珈琲店の世界のコーヒー9月の限定コーヒーは、

『ドミニカ プリンセサ ワイニー・ナチュラル』です。

ドミニカ共和国からのコーヒーです。

ドミニカコーヒー豆1

まずは豆を見てみましょう。

丸みのきれいな形、煎りも浅めで若干の赤みがあります。

ドミニカコーヒー豆2

その香りは、独特な枯れ木のような深遠さとフローラルの甘さ

 

お客様によっては、こちらの香りに抵抗をお感じになる方もいらっしゃるかもしれません。

実はこのコーヒーの名前にもある「ワイニー」プロセスがこの独特のフレーバーを作り出しています。

香りにひっかかった方こそ、是非、記事最後の「ワイニーについて」もお読みください。

口に含むと、まず感じるのは心地よい酸味の広がりです。

果実の甘みが覆い被さって、酸味との素晴らしいハーモニーを感じさせてくれます。

その奥に感じるコクがしっかりとうまみを引き締めていてバランスも良いです。

 

——–コーヒー豆いろは——–

カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島。

この島の西側3分の1がハイチ共和国、東側3分の2がドミニカ共和国です。

ドミニカ共和国の面積は九州と同じくらいの小さな国です。

この島にコーヒーがやってきたのは18世紀初め頃で、中南米の中でも最も初期にコーヒーが導入されたのがこのイスパニョーラ島です。

「ワイニーについて」

こちらの豆はドミニカでも希少なワイニー・ナチュラル精製を行っております。

完熟したコーヒーチェリーのみを、天日にさらし、時間をかけてじっくりと乾燥させて精製する方法です。

チェリーそのままを乾燥させるため、果実味や果実香の特徴が最も出やすく、一方

果肉の発酵した香りが豆に残るため、ワインのようなフレーバーをつくりだす、と言われています。

じっくりとしみこんだ果実感と長時間乾燥によるワインのような発酵フレーバーが世界のコーヒー通に愛される、大変希少な豆となっております。

ワイニーコーヒーのともに、是非レアチーズケーキもご賞味ください。