ルワンダ、異国市場のアーモンドコーヒー

3月になって、早桜の花がちらほらと見えるようになり、

今年も春がやってきました。

4月は多くの方にとって会社や学校と新しい年度の始まりですね。

人との出会いや別れの季節ともいえます。

何より美しい桜に出会える季節でもあります。今年はどちらの桜名所に足を運ばれますか?

さて、3月のコーヒーのご紹介です。

「ルワンダ キブベルト」です。

アフリカの中央部、タンザニアの西にルワンダ共和国はあります。

image1_edited

面積は四国程度の小さい国ですが、高い標高と、高品質なコーヒー 栽培に適した条件を備えている自然豊かな国です。 アフリカ大陸の中でも、近年注目されている生産国の一つです。

image2_edited

キブベルト農園は2009年、ルワンダ西部のカロンギ地区で始まりました。

image3_edited

さて、その味は、

focus

とても不思議な香りです。異国の市場に迷い込むと、見たこともない食材の香りが漂ってくる、、、そんな情景が浮かんできます。

鼻を近づけてみるとそこにはナッツの香りを見つけました。

口に含んだ途端、苦味をまとった酸味が飛び出し、舌をとらえて離しません。

飲みこんだ後にはアーモンドチョコのような風味がこだましました。

決して一番好きな味ではないけど、なんだか外国の初めての土地を旅をしているような気分にさせてくれるコーヒーでした。

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★★★

コク ★★☆

 

冬の朝、澄み切った空気の香り ルワンダニエンジ

こんにちは。はやいもので12月の暮れ、と年納めの季節となりました。

わたしは師走の忙しさでなかなか1年を振り返る暇もなく正月を迎えそうです。

今年最後の限定コーヒー、12月の限定コーヒーは、

ルワンダ共和国 ニエンジです。

ニエンジ ルワンダ共和国 コーヒー豆

 

アフリカの中央部、タンザニアの西にルワンダ共和国はあります。面積は四国程度と小さいですが、高い標高と優れたコーヒー生産に適した条件を備えている自然豊かな国です。

農園風景

現在、注目されている生産国のひとつです。ニエンジCWS(ウェットミル)はルシジコーヒー社が管理しているCWSのひとつです。

農園の人

ルシジコーヒー社はルワンダを代表する輸出業者で、事務所はコンゴ共和国とブルンジ共和国の国境から3キロのところにある西部ルシジ地区に位置しています。

農園の人

 

 

ニエンジ ルワンダ共和国 コーヒー豆

心地よい香り、冬の朝の空気のように澄み切っています。

舌に乗せれば、えぐみのないクリーンな味、コクがあり、まろやかな味わいが広がります。

バランスよく、苦み、酸味は穏やかななので、

豆の香ばしさやコクを口の中でころころと転がして楽しむことができます。

是非、この香り、味わいをお楽しみ下さい。

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★☆☆

コク ★★★