弾ける酸味 みずみずしい甘み 春と一緒に訪れたブルンジコーヒー

今日は2月14日バレンタインデーですね。

街へ出掛けると、いたるところで色鮮やかなパッケージに包まれたチョコレートが並んでいました。

春一番の暖かい風が吹き、先週までの寒さが嘘のようです。

人々は春らしい薄着のファッションで外を歩くのを楽しんでいます。
急な季節の変化を感じると、なぜか、とっても懐かしいような気持がするのは私だけでしょうか?

さて、2月の限定コーヒーは、

ブルンジ共和国「ドーレラバリミイ」です。

all

ブルンジ、という国名はなかなか耳慣れないですよね。

中部アフリカの内陸で、ルワンダ、タンザニアに挟まれる位置にあります。

人口約1000万人の小さな国で、最大の産業はコーヒー・茶です。ほとんどの労働者はこれら農産業に従事しています。

people

ブルンジでは2008年よりコーヒー産業が自由化されました。

それまで収穫地域が異なるコーヒー豆を一緒くたに混ぜて出荷されていたものを、細かく精選場(ウォッシングステーション)毎に管理・出荷されるようになり、高品質な豆の供給が飛躍的に進化していきました。

cherry

以前にもカゴンベというブルンジの精選場の名を冠したコーヒーをご提供したことがありました。

「ドーレラバリミイ」とは、カヤンザ県カバロアにある組合の名前です。

カヤンザ県はブルンジの中でも特に高品質なコーヒーを生産するエリアです。

bag

focus

その香りは、雨が降った後の木の皮のようなやさしい心を落ち着かせるアロマです。

口に含むと、弾ける酸味、そしてみずみずしい甘味がついてきます。

そして、余韻となるコク。渋みなどはほとんどなく、すっきりとクリーンな味わいです。

まるで春の訪れを教えてくれるような楽しいコーヒーです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★★

コク ★★☆

 

暖冬、柑橘のアロマ コスタリカ セントタラスコーヒー

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の正月は本当に暖かく、外にて、ふとコートを腕にかけて、という瞬間もちらほらありました。名古屋では雪の1月も珍しくないですが、そんな気配はありませんでした。

さて、本年最初の限定コーヒー、1月の限定コーヒーは、

コスタリカ共和国 「セントタラスSHB」です。

コーヒー豆

高地だけで栽培される「タラス」のコーヒーは『酸味が豊かで上品、コクがあり特に良い香りがある』と言われ、世界中で高く評価されています。

農園写真

セントタラス SHBについて

グティエレスファミリーとその友人たちの農園(約100ヘクタール)で一粒ずつ丁寧に収穫されたコーヒーチェリーは、自社工場(モンターニャス・デル・ディアマンテ)に運ばれ、一貫して生豆まで仕上げています。

コーヒー豆

香りは柑橘のアロマが伸びやかに広がります。

他にはない、とてもユニークな味わいを楽しめます。

口に含むとまずレモンとオレンジの間くらいのシトラスの酸味が広がります。

酸味の合間に感じる甘みがまろやかさを生んでいて、

柑橘のような、絶妙な、心地よい酸っぱさが楽しめます。

是非、この酸味を味わってください。

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★★

コク ★★☆

 

なお、以前に書いた管理人のコスタリカちょこっと旅行記もよろければ。

苦味を楽しむ大人へ。パプアニューギニア キンデン|今月コーヒー11月

こんにちは。秋も終わりにさしかかり、冬の寒さも感じられる季節になってきました。早いものでもう11月です。

西原珈琲店の世界のコーヒー11月の限定コーヒーは、

パプアニューギニア キンデンです。

パプアニューギニア

 

パプアニューギニアの中でも肥沃な農業地帯であるワギバレーと呼ばれる周囲を山に囲まれた谷間の標高1,600mエリアでキンデンコーヒーは生産されています。

 

パプアニューギニア農園

現地の農園管理会社に徹底した管理を受けた『キンデン・アソシエイト』と呼ばれる品質が認められた優良農園のコーヒーチェリーを集め、同社の精選選別設備を使用して厳選しています。

最終的なカッピングを経て香味が確認されたもののみ『キンデン ブランド』のコーヒーとして出荷されます。

 

パプアニューギニア

 

個性はなによりそのビターネスです。強く、飲み込んだ後も

舌に残る苦味は印象的です。

酸味はほとんどなく、コクよりも水っぽさの方が強いため、

それが苦味をさらに印象付けています。

ブレンドのようなバランスの味わいがお好きな方には、

ショコラなどチョコレートの甘味をお供にされると楽しみやすいです。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★☆☆

コク ★☆☆

4種のタルトフェア~西原珈琲店本山本店

4種のタルトフェア

西原珈琲店本山本店では、11月1日(日曜日)より2週間限定で「タルトケーキフェア」を開催しております。

通常は1種類でしかお出ししていないタルトを、人気の4種のタルトを一挙にご提供いたします。

 

タルトは以下の4種です。

1.林檎

厚めにカットした林檎の酸味とブランデーのマリアージュ

2.巨峰

皮ごと使用してジューシーで色鮮やかなタルト

3.黒豆

もっちりした丹波の黒豆を使用

4.柿

 

柿に蜂蜜をかけて焼き上げ少しほっこりした味わい

4種のタルト

是非、この機会に全種類ご賞味下さい。

例えば、お二人様でお二つずつオーダーして、計4種の味比べはいかがでしょう。

完熟レッドチェリーの甘みと香り「ガテマラ プンダナチュラル」9月限定コーヒー

こんにちは。西原珈琲店の世界のコーヒー9月の限定コーヒーは、

真っ赤な完熟チェリーの甘みと酸味を楽しめる、中米ガテマラ共和国『プンダナチュラル』になります。

ガテマラコーヒー1

豆の名前となっております「プンダ(PUNDA)」とは、昔ながらの中米のナチュラル製法のことを意味します。

コーヒーチェリーを生豆に精製する工程として、中米では一度水につけて発酵させる「ウォッシュド」が主流ですが、この「プンダ」はチェリーをそのまま天日乾燥させる「ナチュラル」を採用しているのです。

コーヒー加工工場

チェリーの状態のまま天日乾燥させるため、チェリー由来の甘味や香りが豆にまで浸透するのです。

また、「プンダ」ナチュラル製法の最大の特徴は、チェリー段階から、完熟のレッドチェリーのみを選別して天日乾燥にかけていることです。これにより、雑味の少ない、クリーンな風味に仕上げることができるのです。

コーヒーチェリーの乾燥

乾燥は、パティオやアフリカンベッドにて行うことで、太陽の恵みをしっかりと享受した、風味豊かなコーヒーが生まれました。

コーヒー農園

中米コーヒーの新たな一面に出会えるコーヒー豆と言えます。

ガテマラコーヒー2

さて、豆を見てみましょう。

豆は全体的に小柄で形はナチュラルらしくふぞろいです。

豆の香ばしさと甘みがのびやかに広がる

大変香り高いコーヒーです。

その味はしっかりとしたコク、じんわりと広がる苦味、

それらを中和させるチェリー由来の甘みと酸味が余韻となり、

また、それが香ばしいアロマに引き込まれていきます。

大変バランスの良い気品ある味わいと香りを楽しむことができるコーヒーです。

中米の山、太陽の光を燦々と浴びる赤々と完熟したレッドチェリー、そんな光景を眼に浮かべながら飲んでみるのも楽しいかもしれません。

9月限定となっております。是非この機会にご賞味ください。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

『エルサルバドル サン イシドロ』西原珈琲店8月限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー8月の限定コーヒーは、

『エルサルバドル サン イシドロ』です。

focus

中米エルサルバドル西部サンタアナ火山山麓のアパネカにある「サン イシドロ農園」では、シェードツリーの下で、希少な パカマラ種をわずかに2ヘクタールのみ栽培しています。

farmfarmer

『パカマラ種』はブルボン種の突然変異の「パカス」と「マラゴジッペ」をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種 です。

cherry cherry2

マラゴジッペのように大粒ですが、素晴らしい香りをもっており、近年高い評価を得ています。生産量は少なく、希少な品種となっています。

 

 

all

さて、豆を見てみましょう。

縦に長く、どっしりと大きな形をしています。

淹れたてのコーヒーからはミツのような甘い香りが漂ってきます。

口に含めば、鮮やかな酸味が一杯に広がります。

苦味も控えめで、さわやかな風味は、暑い夏のホットコーヒーにぴったりです。

ほんのりと甘い香り、ビビッドな酸味、

エルサルバドルからやってきた真夏のコーヒー「サンイシドロ」、

是非ご賞味ください。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★★

コク ★☆☆

『パナマ フロレンティーナ サンラモン』西原珈琲店7月限定コーヒ

西原珈琲店の世界のコーヒー7月の限定コーヒーは、

『パナマ フロレンティーナ サンラモン』です。

201507_focus

パナマ共和国からのコーヒー豆です。

パナマは赤道近くに位置しているので、一年中高温多湿の亜熱帯気候です。

201507flower

コーヒー生産地は1年を通して 日中の寒暖差が大きいため、形よく、香りも引き締まったコーヒーが出来上がります。

201507farmer

ラ フロレンティーナ農園ではパナマで最も農業が発展しているチリキ県(西側県境はコスタリカとの国境)にあり、 バルー火山の北斜面、ボルカン地区のパソアンショ渓谷に位置しています。

この渓谷のミネラル豊富な火山灰性 黒土の土壌で、コーヒーは栽培されています。

更に、特筆すべきは、1930年代にコスタリカ西部のサンラモンという町で発見されたティピカの突然変異の サンラモン。

201507cherry

今回はサンラモン種100%の豆をお届け致します。収穫初期のパーチメントから濃厚な甘い香りを感じる この豆は、収穫期には相当な糖分が濃縮されたコーヒーに仕上がります。

201507_all

さて、豆を見てみましょう。

中くらいのサイズで胴が長く、表面はきめ細かくツヤがあります。

さて、その味は、しっかりとしたコク、深みがあります。苦味もありますが、後に引かない爽やかなビターです。

口の中で豆の香ばしさが膨らみ、舌の上で豆本来の酸味と甘味が絡みあって心地よい余韻を奏でます。

コク、ビターがしっかりあるので、チーズケーキや柑橘系ケーキなどのすっぱさのあるケーキをお供にされうことをおすすめします。

—-風味バランス—-

苦味 ★★☆

酸味 ★☆☆

コク ★★★

「カサ ブランカ ラコパ」西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー6月の限定コーヒーは、

『カサ ブランカ ラコパ』です。

中米はニカラグア共和国からのコーヒー豆です。

こちらはちょうど一年前にも同農園のバレンシアをご紹介しました。

ニカラグアカサブランカ豆全体

カサブランカ農園は、ニカラグアの北西部ホンジュラスとの国境に近い、

崖と谷が入り組んだ山岳地帯に位置します。

農園は標高1,200メートル。

農園内は自然林とシェードツリーがよく茂り、多くの小動物も共生する

豊かな自然に恵まれた農園です。

ニカラグアカサブランカ豆フォーカス

さて、豆を見てみましょう。
中くらいのサイズ、丸みはきれいで、テキスチャー(表面)もなめらかで美しいです。

皆様はコーヒー豆でご自宅用にご購入されたことはありますでしょうか?

グラインド(豆挽き)前に、是非、豆そのものをご鑑賞されることをおすすめします。

豆の形、色(ロースト具合)、全体バランス、テキスチャ、美味しいコーヒーは、ドリップ、ローストも当然ながら大切ですが、何より豆自体の品質の高さが前提となります。

ストレートコーヒーであれば、豆の形、色合い、大きさがそろっていること、そしてキズ、傷みがないこと、これらの基本がコーヒー本来の味を作ります。

さて、その香りは柔らかく、ほんのりと薫るローストが心地よいです。

舌に触れる味はすっきりとした酸味、渋さ、そして、じんわり広がるコクとまろやかさ。

これからの夏を感じる爽やかな風味を楽しめます。

 

—-風味バランス—-

苦味 ★☆☆

酸味 ★★☆

コク ★★☆

「イエメン アラビアンセレクション」西原珈琲店5月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー5月の限定コーヒーは、

『イエメン アラビアンセレクション』です。

イエメンからのコーヒーです。

イエメン

イエメンは中東アラビア半島の南西にあります。紅海沿岸部の西部にてコーヒーが栽培されています。

イエメンのコーヒー生産地の中でも最も高品質な豆を生産する、

標高2500mにある「バニーイスマイリ地区」農園から届いた希少コーヒーです。

イエメン

さて、豆を見てみましょう。
たいへん小粒で、形も多様です。寝かせたようなアンティークさが漂っています。

飲んでみましょう。

まずはその強い苦味に圧倒されます。

2度、3度と飲むほどに、苦味の奥から広がる深いコク、そして舌にからむ酸味にじんわりと魅了されていきます。

アラビアの天日乾燥ならではの独特な香りがエキゾチックなムードを演出してくれます。

是非、魅惑のアラビアンモカコーヒーをお楽しみください。

—-風味バランス—-

苦味 ★★★

酸味 ★★☆

コク ★★☆

『インドネシア マンデリン シナール』西原珈琲店4月の限定コーヒー

西原珈琲店の世界のコーヒー4月の限定コーヒーは、

『インドネシア マンデリン シナール』です。

インドネシアからのコーヒーです。

インドネシア「マンデリン」は世界で愛される高級豆ですが、

その中でも、高い評価を受けるブランド農家である

「リントンニフタ」農園、「パランギナン」農園から、厳選されたグレード1コーヒー(品質レベル最上級)です。

さて、豆を見てみましょう。

マンデリンアップ写真

マンデリンシナール全体
大きくどすんと存在感のある大きく、深めの焙煎がきれいなつやを見せています。

とても香り高いコーヒーです。

この豆でしか感じたことのないハーブのような独特のフレーバーが漂うのを楽しめます。

その味は、最初の印象は大人の苦味と渋さを感じますが、

全体的にまろやかでやさしい。

飲んだ後は爽やかな風味が余韻として残ります。

是非、ご賞味ください。

本山本店では、新しいトースト「キャラメルトースト」を始めました。

キャラメルトースト

トーストにバター、自家製のキャラメルをのせました。

シンプルなキャラメルで、優しい甘さを楽しめます。

 

桜の若葉

葉桜